学会からのお知らせ

「研究支援対象の公募のご案内:脳画像総合データベース支援活動・正常拠点研究支援」

 

平成23年6月13日(月)
日本磁気共鳴医学会関係者並びに会員各位
 
包括脳ネットワーク脳画像総合データベース支援活動・正常拠点
拠点代表 青木茂樹
 
脳画像総合データベース支援活動・正常拠点研究支援対象の公募のご案内
 
 このたび、包括脳ネットワークの技術支援活動の一環として、脳画像総合データベース支援活動・正常拠点(拠点代表:順天堂大学放射線科・青木茂樹)(以下、正常拠点)では、平成23年度の研究支援対象の公募を開始しました。
 包括脳ネットワークは文部科学省の科学研究費補助金により運営され、先端的・融合的脳科学研究を推進するため、データ融合型脳リソース構築と革新的脳計測・操作技術開発を柱とする様々なリソース・技術支援活動を展開しています。
 正常拠点でも具体的な支援対象(研究課題)を決定するため、下記の要領で研究課題の公募を開始しました。正常拠点からの支援対象(研究課題)は、正常脳との比較を含む、MRI拡散テンソル画像解析を主体とした脳構造画像を用いた脳研究です。平成23年度は正常拠点から7課題程度を採択予定で、応募締切は、平成23年6月30日(木)です。
 研究リソースの提供や先端的技術の習得を必要とされる日本医学放射線学会の関係者及び会員各位におかれましては、下記の公募要領と申請書をご覧頂き、是非ご応募下さいますよう、ご案内申し上げます。
 具体的な支援内容など詳細につきましては、下記の正常拠点の公募要領のページをご覧下さい。
 
●正常拠点 公募要領のページ
 
【申請手続き】
申請書式を公募要領ページからダウンロードし、必要事項を記入の上、web申請フォームに従いアップロードしてください。
 
※応募に関するお問い合わせにつきましては、
正常拠点(resource.center.control@gmail.com)までお願いいたします

投稿日時: 2011.06.13


このページのTOPへ