大会・講座・講演会

MR入門講座

主な受講対象者:MR診療に従事して間がない方、これから携わろうとしている医師・技師

本講座は、MR診療に従事して間がないか、これから携わろうとしている医師、技師の皆さんを対象とし、MR検査を安全に進めるために注意しなければならないことや、検査を行うための基本的な撮像方法や良好な画像を得るための“コツ”等を解説いたします。臨床やMRの原理を熟知した講師陣が分かりやすく講義いたしますので、気楽に受講いただけるものと思います。

第7回MR入門講座

主催:日本磁気共鳴医学会教育委員会
日時:平成20年11月1日(土)
場所:東陽セントラルビル 2階ホール
(〒135-0016 東京都江東区東陽4-1-13,東西線東陽町駅 東3番口)

―プログラム―

  • 9:00~ 開会、受講要項
  • 9:10~10:30 MR装置の機器構成
      (MRの標準化(JIRA)代表・東芝メディカルシステムズ) 杉本 博
    MR装置の概要を知り、それらの役割を理解するとともに、MR装置を安全に使用するための基礎を学ぶ。 
     
  • 10:30~12:00 MR撮像の原理
     
     (金沢大学) 宮地 利明
    MR信号の発生とそれらの位置を特定する方法の原理を修得し、画像再構成の基礎を理解する。
     
  • 12:15~13:15 ランチョンセミナー 第一三共(株)
    造影剤の安全性 (駒澤大学) 吉川 宏起
    造影剤を利用するにあたり注意しなければならないポイントと副作用が発生した場合の対処方法を修得する。
     
  • 13:15~13:30 休憩
     
  • 13:30~15:00 パルス系列と画像コントラスト
     
    (東海大学医学部付属病院) 室 伊三男
    画像強調の原理を理解し、自身で高速撮像のパラメータを決定できるようにする。
     
  • 15:00~17:00 MR検査の基礎 
    部位別に基本的な撮像方法を理解し、アーチファクトのない、臨床に則した良好な画像を得るための技術を修得する。
     
  • 15:00~ 躯幹部領域 
     
    (神戸大学病院) 川光 秀昭
     
  • 16:00~ 関節,骨軟部領域 
     (首都大学東京) 新津 守
     
  • 17:00~17:30 質疑
  • 17:30~ 閉会
このページのTOPへ