大会・講座・講演会

MR実践・先端講座

主な受講対象者:MR従事者

磁気共鳴医学では高度な技術が目白押しの状況です。MRI従事者はこれらを臨床に順次導入し、撮像を円滑に遂行するための知識,技術,経験が求められています。「MR先端・実践講座」では時宜にあったテーマを設定し、物理的基礎から撮像技術、プロトコル、診断法などの講義が行われますが、その分野のエキスパートが担当し、即実践できるような内容を目指しています。

 

 

第22回MR実践講座新技術の臨床応用開催のお知らせ

MRIの撮像技術は絶え間なく進歩を続けており、撮像の高速化、高画質化、病変の検出能を高める新たな画像コントラストを生み出すことを目指して、多彩な新機能が開発されています。今回の実践講座では、最新の撮像技術とその実践、臨床的有用性に至る幅広い内容について、全国から著名かつ最先端の臨床や研究を行っておられる先生方に解説していただきます。

主 催:日本磁気共鳴医学会教育委員会
日 時:平成30128() 
場 所:ベルサール九段[〒102-0073東京都千代田区九段北1-8-10 TEL: 03-3288-2441
          東西線,半蔵門線・新宿線「九段下駅」下車,徒歩3]

 

申込要領・受講申込書はこちら

《プログラム》

925  930   開会の挨拶
磯田裕義
(教育委員会・京都大学)
9301010   Compressed sensing上腹部領域
増井
孝之
(聖隷浜松病院)
Compressed Sensing(CS)は様々な撮像法に応用されつつある。特に、肝臓及び膵臓の造影ダイナミック検査への応用では、画質の向上や情報量の増加などが期待される。CS併用の高速撮像の利点や、その臨床応用について解説する。
10101050   Compressed sensing心臓
城戸倫之
(愛媛大学)
心臓MRI検査はその有用性は知られながらも、検査時間の長さの問題などから臨床での普及が不十分なのが現状である。近年、Compressed sensingCS)が新たなMRI高速撮像技術として期待されている。CSによりもたらされる心臓MRIの新たな可能性について述べる。
10501100   休憩
11001140   QSMQuantitative Susceptibility Mapping
工藤與亮
(北海道大学)
磁化率は物質に固有の物性係であり、SWIは定性的な強調像であるのに対して、QSMは定量化した画像である。磁化率やQSMの基礎的原理、頭部での臨床応用、腹部での基礎的検討などを概説する。
11401220   MSDE法によるWall imagingと神経描出
鹿戸将史
山形大学)
Multi-slice Motion Sensitized Driven Equilibrium (MSDE法)を用いた頭蓋内血管の評価、疾患への適用を概説する。また、MSDE法の応用であるMR Neurographyについても開設する。
12201320   昼食ランチョンセミナーは開催されません
13201400   ASL
笹尾 明
(公立玉名中央病院)
ASLは血液中の水分子を利用し、灌流画像を非造影で得る方法として発展してきた。原理上、頭部以外の撮像も可能であるが実際は非常に困難である。今回は前立腺癌をモデルとして撮像時の工夫を紹介し、様々な体幹部臓器疾患におけるASL画像を供覧する。
14001440   4D-Flow
礒田治夫
(名古屋大学)
4D-Flow3次元シネ位相コントラスト磁気共鳴法で、ボクセル毎に速度3成分のデータが空間3次元と時間の計4次元で得られる。周期的に動く血液・髄液・心筋などの速度計測が可能である。本講演では4D-Flowを用いた血流解析の精度、解析方法、応用等について解説する。
14401450   休憩
14501530   Multiband EPI
堀 正明順天堂大学)
Multiband EPIは、複数のスライスを同時励起することにより、撮像時間の短縮が可能な技術であり、特により高度な拡散強調像やfunctional MRIにて有用である。本講演では、技術および実際の撮像時に関して概説する。
15301610   Synthetic MRIの基礎と応用
萩原彰文
(東京大学)
Synthetic MRIT1T2値、プロトン密度(PD)に基づいてT1強調像・T2強調像・FLAIRなど任意のコントラスト強調像を作成する技術である。本講演では、SyMRIというT1T2PDを同時測定(全脳で約6)する技術の定量性や各種疾患への適用、Synthetic MRIにより作成されたコントラスト強調像やミエリンマップの有用性について概説する。
16101615   閉会の挨拶

過去の記録
2017年
第21回MR実践講座(2017年12月9日開催)

2016年
第20回MR実践講座(2016年12月10日開催)

2015年
第19回MR実践講座(2015年12月12日開催)

2014年
第18回MR実践講座(2014年12月13日開催)

2013年
第17回MR実践講座(2013年12月14日開催)

2012年
第16回MR実践講座(2012年12月8日開催)

2011年

第15回MR実践講座(2011年12月10日開催)

2010年
第14回MR実践講座(2010年12月11日開催)

2009年
第13回MR実践講座(2009年12月12日開催)
2008年
 第12回MR実践講座(2008年12月13日開催)  

このページのTOPへ