学会について

本学会の紹介

沿革

  日本磁気共鳴医学会は,1981年(昭和56年)に創立された核磁気共鳴(NMR)医学研究会が母体となって,1986年(昭和61年)に設立された学会である。会員の専門分野は,臨床医学のみならず,基礎医学,生物学,化学,物理学,工学の広い範囲にわたっている。現在,会員数は3,500名を超え,磁気共鳴医学の発展・普及に伴い,さらに増加しつつあり,2010年7月1日には一般社団法人となった。

本学会は,現在,年1回の学術大会を開催している。最近の大会では,参加者は1,400名を超え,500件を超える研究発表が行われている。学会誌として日本磁気共鳴医学会雑誌およびMagnetic Resonance in Medical Sciencesを季刊(各年4冊)発行している。Magnetic Resonance in Medical Sciencesは、PubMedおよびJ-STAGEでの検索ができ、PDFはJ-STAGEおよび本学会ホームページよりdownload可能となっている。磁気共鳴医学の臨床への普及はめざましく、わが国では年間に約1,300万回の磁気共鳴画像の撮影が行われている。本学会では磁気共鳴医学の基礎の充実と安全性の確保、そして更なる発展を目指して,「MR入門講座」・「MR基礎講座」・「MR先端/実践講座」や「MRの安全性講演会」を定期的に開催している。また、各種委員会(教育、編集、安全性評価、医療経済、広報、国際交流、将来計画、選奨、選挙管理)がそれぞれの分野で活発に活動している。本会は、こうして得られた成果を会員に周知共有し、さらにはこれらの技術に基づいて、数々の疾患の診断を通して一般の方々へその成果を還元すべく努めている。このため、既存の技術にとどまらず、磁気共鳴法から新しい生態情報の獲得を目的に、本学会独自にプロジェクト研究及びスタディグループを組織・支援している。これらの活動の詳細や,この他の活動に関しては「学会の活動」を参照していただきたい。

 

活動状況

  1. 学術大会の開催
    毎年秋に3日間の日程で開催。最近では,参加者は1400人程度,発表件数は500題程度である。
    過去の大会記録はこちら
     
  2. 学会誌の発行
    日本磁気共鳴医学会雑誌(Japanese Journal of Magnetic Resonance in Medicine)を昭和56年(1981年)から、また平成14年(2002年)からは英文誌(Magnetic Resonance in Medical Sciences)を発刊、それぞれ季刊で発行している。
     
  3. 教育事業
    MR入門講座、MR基礎講座、MR先端/実践講座、安全性講演会の開催
     
  4. 学会賞の実施
    日本磁気共鳴医学会優秀論文賞、バイエル学術奨励賞・国際交流賞、バイエル学術奨励賞・国際飛躍賞
     
  5. 磁気共鳴医学用語解説集の発行
  6. 各種委員会活動
    編集委員会,教育委員会,安全性評価委員会,広報委員会,将来計画委員会,選奨委員会,国際交流委員会,選挙管理委員会,医療経済委員会
     
  7. 研究支援
    学会員からの申請を基本にして、プロジェクトやスタディグループ組織による研究を支援している。
     

会員について

 正会員一覧 (2017年1月1日現在)は会員専用ページ「理事会だより」に掲載しております。
 

事務局(平日9:30~17:30)

住所:〒105-0012 東京都港区芝大門 2-12-8 浜松町矢崎ホワイトビル2F
電話:03-6721-5388
FAX:03-6721-5433

このページのTOPへ