日本磁気共鳴医学会 since 1981─「磁気共鳴医学」の未来を拓く

事務局からのお知らせ

代議員・理事・監事選挙へのweb選挙導入について(第一報)
                                                             2020年9月11日
                                                             選挙管理委員会より
・2020年9月10日の理事会と同年9月11日の総会で本学会の代議員・理事・監事選挙にweb選挙を導入することが承認されました
・現状、当学会では3700人を超える会員が参加する大規模な選挙を4年に3回行っており、投票用紙の往復の郵便料金だけで年間47万円以上を支出しています(人件費は別途)
・開票集計にあたる事務局の膨大なpaper workと感染リスクがあります
・Web選挙に移行することにより、開票・集計作業の事務局負担の軽減、経費節減と計数の過誤防止に寄与することができます
2021年4月の代議員選挙を目途にweb選挙を実施するために準備をいたしますので学会員の皆様のお手を煩わせて恐縮でございますが、ご協力をお願いいたします
・投票には会員各自のEmailアドレスを使用するため、各自投票用のアドレスを会員1人につき1つだけ登録して頂くことになります(具体的な方法は後日ご連絡いたします)
・準備段階で、選挙事前のテストメール配信にご反応がない、あるいは特段の事情のある会員は従前の方法で投票、集計を行いますが、この特例は2021年の代議員選挙を限りとさせていただきます
【重要】会員情報システム登録ならびに2020年度会費支払いのお願い
2018年6月から新会員システムが稼動し、会員の皆様には、郵送で仮パスワードをお送りしておりますので、必ず「会員情報システム」よりメールアドレスとIDのご登録をお願いいたします。また、2020年度会費請求を、7月7日付で行いましたので、上記「会員情報システム」にログインいただき、会員マイページからクレジットあるいはコンビニ支払を選択し、早急にお手続をお願いいたします。
・2019年度末退会は、2020年6月30日で締め切りました。
・画像診断管理認証制度 令和2年度診療報酬改定にかかる画像診断関連の届出について、学会からのお知らせ欄に掲載いたしましたので、ご覧ください。Q&Aはこちら
*日本医学放射線学会からのアナウンス"「MRI安全運用に関する講習会」はJRS2020webで行って居りますが、その開催が遅れ、受講証(参加証)の発行が遅れますので、届出の際に、届出様式1の14の欄外に「MRI安全運用に関する講習会はJRS2020webで受講(”受講者氏名を記載”)」とご記載いただくことで、6月に限り受講者をこちらで確認し、仮認証させていただきます。 "に従い、本学会もJRS2020webで受講であれば仮認証を行います。7月以降は原則としてその『受講証明証』を添えて届出ください。・平成25年度から日本医学会に加盟いたしました。
会員専用メニューに「理事会だより」として理事会議事録を、また「出版物のご案内」欄を新設し、本学会編集又は監修の出版物を掲載いたしました。
・本学会は、日本学術会議協力学術研究団体です。
・平成24年2月17日、事務局を浜松町矢崎ホワイトビル2階(東京都港区芝大門2-12-8)に移転いたしました。